FC2ブログ

PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

心の貯金

先日、診療室で起きた事。

最近の当院では、
滅多に子供の泣き声を聞くことがありません。

が、その日のその時は違いました。

号泣です。

小さな可愛い女の子が激しい拒絶の泣きです。

ご機嫌で健気に頑張る子がほとんどなので、
それに慣れちゃっていると、
たまに子供が泣くと、堪えるんですよね。

グサッ~と来て、その子への自分のアプローチを
深く反省します。

そんな時は、終わり方が重要です。

何とか次回につなげなければなりません。
最終的には、ご機嫌で帰ってもらいたいのです。

確か、岡山大学小児歯科の岡崎先生の言葉だったと思う。

「心の貯金」

どんなに泣いた子でも診療室を後にする時には、
心の貯金を増やして帰ってもらうって。

僕は同じ意味で、
「プラスの余韻」という言葉を使いたい。

子供に限らず、来院された方々が診療室を後にする時、
何かホンワカ、プラスの余韻を感じて帰って頂けるように
なりたいと思います。

さて、その日のその子ですが、
なんと最終的には、超ゴッキゲンで帰ってくれました。

治療にはならなくとも、最後にはきちんとお約束して、
トレーニングとクリーニングが出来たご褒美に
当院メンバーお手製のビーズの指輪あげたところ、
その子のお姉ちゃんも巻き込んで
ビーズのアクセサリー造りに進展したらしいのです。

僕が気づいた時には、二人ともスタッフルームに入り込み
メンバーと一緒にゴッキゲンでビーズのアクセサリー造りに
熱中していましたね。

「お姫様みたい」とルンルンで帰ったそうです。

まさに「プラスの余韻」のお持ち帰り。
きっと心に預金して
「心の貯金」を増やして帰ってくれたんだと思います。

この時、僕が凄いと思ったのはメンバーの行動です。

「エンパワーメント(権限の委譲)」

知らないうちに出来つつあるんじゃないだろうか?
良くぞ自分たちの判断で幼い姉妹をスタッフルームに案内して、
ビーズ遊びをさせてくれました。
ってことですよ。

診療中に子供をスタッフルームに入れて子供の遊びに付き合う、
他所の先生ならどう捉えるのか知りませんが、
この場合、僕は当院のミッション・ビジョンに照らし合わせて、
なんら矛盾が無いすばらしい行動をしてくれたと、
高く評価したいと思います。

ナイスプレー!
グッジョブ!

嬉しかったです。
WDCが掲げたもの、目指したいものが
徐々にメンバーに浸透し、その価値の共有が
出来始めているのだと思えたからです。




スポンサーサイト

| good & new | 05:29 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mareri.blog39.fc2.com/tb.php/224-a57c60de

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。